九州・山口の飲食店、レストランの新しい潮流を発信するビジネスサイト「フードスタジアム九州」

foosta
フードスタジアムのプロフィールです フードスタジアムのプロフィールです フードスタジアムのプロフィールです

Title:【COLUMN Vo.11】食でもう一泊してもらうために

先日【COLUMN Vo.9】にて海外からのお客様を含めた観光客を取り込む必要性を書きました。
それは、間違いなくこれからの福岡の飲食店に必要になってくる要素です。

しかし、現状はどうか?

それに対しちょっと古いですが(2014年5月)興味深い記事を見つけたので、ここでご紹介しておきます。

http://www.data-max.co.jp/2014/05/20/post_16457_sn1.html
NET IB NEWS~福岡は「空港」だけで十分なのか!?

内容をかいつまんで紹介すると中華航空の増便などで台湾からの観光客が九州でも増えてきている中で、これまで最終日は福岡市に滞在した後に福岡空港で出国というプランを旅行代理店は定番として組んでいたが、「福岡市に寄っても何もない」という観光客側のクレームから福岡市を素通りして福岡空港で出国というパターンが増えてきたという話です。

記事の中にも触れていますが、福岡市は「市内に観光地はない」という認識が市民も含めて一般的だろうと思います。
その中で無理やり福岡市に滞在しても観光客にとってのメリットはない。

何よりもインターネットで事前に情報を集めた結果、福岡市に見るべきものはないという判断をしていることに情報化社会の中での誤魔化しの効かなさが表れています。

要は海外の人の眼から見て福岡市は観光に適さないとバレてしまっているということです。

寂しい話ですが、これもまた今の福岡市の現状でしょう。

では観光地を作ればいいのかというと、そうでもない。

そこでやはりキーワードになるのは“食”。

もう1つ記事を紹介します。

http://www.travelvoice.jp/20141218-33619
Travel Voice~グーグル検索ランキング2014発表、外国人が知りたかった日本の「観光地」や「日本食」は?

ここで示されているのは2014年のグーグルの検索キーワードの中から観光関連の動向を分析しています。

その記事の中で注目は「衣」・「食」・「住」・「コンテンツ(マンガなど)」・「観光(観光施設など)」の5つのキーワードで分類した時にトップに来るカテゴリーは「食」だということです。
中には「edamame」(枝豆)という意外なキーワードが上位に来たりもしており、ここにも「日本人の眼から見た日本の食」と「外国人の眼から見た日本の食」のギャップが表れています。

いずれにせよ、このキーワード分析の中の都市別ランキングに「Fukuoka」も「Kyushu」もなく、福岡が自慢する「Motunabe」「Mizutaki」「TonkotuRamen」「Mentaiko」も上位には来ていない。

もつ鍋も水炊きも豚骨ラーメンも国内の観光客には通用しています。
「福岡は美味しいものがある街」という認識は国内の人達の中にはあると言って良い。

しかし、その認識はサラリーマンが出張のついでに楽しむレベルの認識であり、北海道のように「食を楽しみにわざわざ足を運ぶか?」と問われるとまだそのレベルには至っていないでしょうし、ましてや海外のお客様には全く通じていない。

これが今の福岡の観光の現状です。

しかし、逆を言えばだからこそ伸び代があると言えます。

昨年、ある行政関係者の方とお話をしていてこんなことをおっしゃっていました

「福岡市は観光客にとって空港を使うための通過点であって良いんです。ただしその通過点上で一泊して食を楽しんでもらう環境が出来れば、今と違う状況が生まれるはずです」

その認識は正しいと思います。

海外からのお客様にわざわざ一泊余分に滞在してもらい、そこで食を通して福岡市と九州の魅力を楽しんでもらえるか?

それがこれから福岡市の飲食店がチャレンジすべきことの1つなのです。

 

 




島瀬武彦島瀬モノクロ横

1971年7月20日生まれ。山口県山口市出身。学習院大学フランス文学科中退後、家業の喫茶店の2代目として飲食店経営に関わる。山口県山口市徳地という山の中の田舎の立地に苦戦する中で、神田昌典氏が主宰する「顧客獲得実践会」に参加。通販業界が使うダイレクトレスポンスマーケティングの手法を飲食店の集客に応用することで売上を劇的に改善。2004年よりマーケティング・戦略コンサルタントとして活動。2014年よりフードスタジアム九州編集長を務める。

Title:【WINE NEWS】地ブドウにこだわり200年。世界的な名声をもつイタリア屈指の名門ワイナリー・マストロベラルディーノ氏が2月24日に来福!!

マストロベラルディーノ10代目オーナー、ピエロ・マストロベラルディーノ氏

マストロベラルディーノ10代目オーナー、ピエロ・マストロベラルディーノ氏



イタリアの南部に位置するカンパーニア州。イタリア第3の都市であるナポリを州都とし、リゾート地で有名なアマルフィ海岸に代表される地中海性の温暖な気候をもつ地域である。

そのカンパーニア州でおよそ200年前からブドウを生産し伝統的なワインを醸造し続ける名門ワイナリーがある。
その名はマストロベラルディーノ。

そのマストロベラルディーノの10代目のオーナーであるピエロ・マストロベラルディーノ氏が2月24日に(株)モトックスが主催する福岡試飲会に合わせて来日。
福岡の飲食店の関係者へ直接、オーナー自らが自社のワインについて語りながら試飲できる場が設けられる。

マストロベラルディーノと言えば近年は世界的な評価も高い。

ワインエンスージアスト誌 2010年4月号表紙

ワインエンスージアスト誌 2010年4月号表紙



2010年4月にはアメリカのワイン専門雑誌であるワインエンスージアスト誌により、マストロベラルディーノの代表作である「タウラージ ラディーチ リゼルヴァ 1999年」が「イタリアを代表する10本のワイン」の一つとして選出され、その世界的な知名度をさらに飛躍させている。

マストロベラルディーノのワインのこだわりは、先ずはカンパーニア産の地ブドウ。
第2次世界大戦後から近年にかけてカンパーニア州の多くのワイナリーが国際品種に切り替えていく中で、頑なにカンパーニアの地元品種のブドウに拘り、さらにカンパーニアの伝統的なワイン造りの歴史と、そこから生み出される素晴らしいワインの味を守り続けている。
さらに伝統を守りながらも技術的な革新の波をしっかり見据え、最先端の設備を整えることで、世界的にもトップクラスの高い評価を得るワインを生産し続けているのだ。

その地ブドウに拘りながらも世界水準のワインを造り続ける姿勢は、地元カンパーニア地方のみならずイタリア全土からも『イタリアワイン界の誇り』と讃えられている、正にイタリア屈指の名門ワイナリーと言える。

この度の試飲会においてはそのマストロベラルディーノの全ラインナップが試飲可能。

カンパーニアが誇る地ブドウ品種「アリアニコ」

カンパーニアが誇る地ブドウ品種「アリアニコ」



注目の銘柄は、やはりワインエンスージアスト誌により「イタリアを代表する10本のワイン」に選ばれた「タウラージ ラディーチ リゼルヴァ 1999年」(小売り希望価格5200円)。
カンパーニアの地ブドウ品種である“アリアニコ”を100%使って作られたフルボディの赤。深みのあるガーネット色の色合いに、そこからイメージされる通りの熟成の進んだまとまりのある味わいと豊かな旨みが特徴の特別なワイン。その味には「イタリアを代表する」と冠された理由が納得できるはずだ。

もちろん「タウラージ」以外のワインも決して引けを取らない。
マストロベラルディーノのワインはマストロベラルディーノのワインは、バランスのとれたエレガントなスタイルを持ち、料理の旨みを引き立てるミネラルと洗練された酸味が備った“料理を引き立てる”ワインでもある。

さらに、マストロベラルディーノの地元であるカンパーニア地方は温暖な気候で育まれる野菜
とハーブ、さらに新鮮な魚介類を使った料理が特徴。アクアパッツアやカプレーゼなど日本に
も馴染み深い料理が有名で、山と海の幸をふんだんに使うスタイルは日本の食文化との融合性
が高い。

数々の国際的評価を打ちたてた「タウラージ ラディーチ リゼルヴァ 1999年」(小売り希望価格5200円)

数々の国際的評価を打ちたてた「タウラージ ラディーチ リゼルヴァ 1999年」(小売り希望価格5200円)



そのカンパーニア地方の料理の特徴を前提として作られたマストロベラルディーノのワインもまた、日本の飲食店にとっては扱いやすいワインの1つと言えるだろう。

この度の試飲会は、海外のワイン生産者との接点を持ちにくい福岡の飲食店の方々にとって、生産者に直接触れながら「どんな人物がどんなワインを作っているのか?」を感じることが出来る絶好の機会でもある。

近年、飲食店には生産者と消費者を適切につなぐ“橋渡し”の機能が求められている。
それは肉や野菜などの料理の素材だけではなく、酒やドリンク類にも同じことが求められ始めている。

生産者の心を感じ、確かな食材をお客様にお届けするために、この機会にピエロ・マストロベラルディーノ氏に会い、そのワインを試してみては如何だろうか?

 




 

2015年春 モトックス 福岡試飲会

食とワインへの関心が高まっている近年では、ますます多種多様な提案が必要になってきております。今回も新アイテムを含む約190アイテムをご用意しており、ワインを始め、お役にたてるアイテムを多数ご提案させていただきます!

開催日  2月24日(火)
開催時間 第1部 小売店・飲食店向け試飲会 12:00 ~ 17:00 (受付終了16:30)
第2部 一般消費者向け試飲会 19:00~21:00(受付は18:30~20:30)
参加費 第1部 無料
第2部 お1人様2000円
会場 ホテルニューオータニ博多3F「芙蓉の間・華」
住所 福岡市中央区渡辺通 1-1-2
お問合わせ 06-6723-3135 (株)モトックス 西日本チーム

 




 

チラシ

 

Title:【COLUMN Vo.10】2015年はこれまでやってきたことを確定させる年

明けまして、おめでとうございます。

新年と共に急激な冷え込みが訪れておりますが、皆様はお正月を如何お過ごしでしょうか?
おそらく「飲食店に正月はないよ」という方も多いと思います。

人が休んでいる時ほど忙しいのが飲食店ですね。
飲食店は大変です。
でも、飲食店は楽しい。

フードスタジアム九州は昨年9月にオープンした、まだまだよちよち歩きの新しいメディアではありますが、そんな”楽しく”あろうとする飲食店の皆さまを応援いたします。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

 

さて、やはり年頭において気になるのは2015年という年がどんな年になるのか?ということでしょう。

それについて少しだけ書いておきます。

神田昌典というマーケティングの分野で日本を代表するコンサルタントがいらっしゃいます。90年代まで大企業以外では使われることのなかったマーケティングという考え方と手法を、00年代初頭に中小企業に導入した立役者として名前を聞いたことのある人も多いと思います。

その神田昌典氏が2011年の東北大震災を受けて2012年に発表した「2022――これから10年、活躍できる人の条件」という本があります。
その本の中で神田氏は「歴史は70年サイクルで回っている」という1つの仮説を紹介しています。

その説によると、2011年の東北震災は70年前の1941年の太平洋戦争開戦に並ぶ、それまでの時代が終わりへと向かう象徴的な事件であり、1945年の太平洋戦争終戦がその時点での日本の社会のあり様を180度転換させたように、2015年にそれに匹敵する象徴的な事件が起きるだろうと予想されています。

この歴史サイクル説は昔からある思考ゲームの1つとして、それ自体は珍しいものではありません。(60年周期、40年周期、色々あるので興味のある方は調べてみて下さい)

神田氏もこの歴史サイクル説を読み物としての面白さの1つとして提示していると思いますが、それでもこれから2012年から2022年の間で起きる社会的な変革を予測した上で、2015年に社会が転換する何がしかの事件が起きると言う神田氏の予想は、政治的・社会的に逼塞した今の状況を考えるとあながち間違ってはいないと感じられます。

あるいは事件と言うセンセーショナルなものになるかどうかは別にして、2015年と言うのが社会的な転換期になることは充分に予想できます。
2015年という年は、そういう年になる可能性が高いのです。

その上で、私達が2015年に何をすべきか?
それは、今自分達がやっていることを確定させるという作業です。

飲食店は料理とサービスを通じてお客様を笑顔にする仕事です。
その笑顔にするための技術を、「見える化」する。
レシピにする、マニュアルに落とし込む、ビデオに撮る、チャート化する、方法は色々あります。

しかし、先ずは自分達のやっていることを「見える化」して確定させることで、社会的な大きな変化が起きたとしても、その技術が次に応用できるものに変わります。

逆に「見える化」されずに確定されなかった技術は、変動の波の中で応用もままならずに流されてしまう。

応用するために、確定させる。

それが2015年にすべき仕事になるだろうと私自身は予想しています。

この予想はあくまでも私の予想です。
神田氏のいうように2015年に何かが起こるとも言い切れません。

しかし、上に書いたことはそれを度外視しても企業としてやっておいて損はない作業です。

これまでやってきたことを「見える化」する作業。

 
これまでまだ取り組まれていなかった方は、今年それに取りかかることを強く進言いたします。

 





島瀬武彦島瀬モノクロ横

1971年7月20日生まれ。山口県山口市出身。学習院大学フランス文学科中退後、家業の喫茶店の2代目として飲食店経営に関わる。山口県山口市徳地という山の中の田舎の立地に苦戦する中で、神田昌典氏が主宰する「顧客獲得実践会」に参加。通販業界が使うダイレクトレスポンスマーケティングの手法を飲食店の集客に応用することで売上を劇的に改善。2004年よりマーケティング・戦略コンサルタントとして活動。2014年よりフードスタジアム九州編集長を務める。

Title:「東京チカラめし」を買収した(株)ユウシン國松晃氏のセミナーが1月27日に福岡市天神で開催!

福岡市中央区天神でサービス業・飲食業に特化した人材教育を行うグローイングアカデミー福岡校は、1月27日に「東京チカラめし」を買収することで一躍飲食業界の風雲児として話題を呼んだ(株)ユウシン代表取締役・國松晃氏を招いた特別セミナーを開催する。

國松氏は2011年5月に(株)ユウシン代表取締役に就任後、2012年には16店舗であった同社を、わずか3年で2つのM&Aを実行した上で100店舗を超すビックチェーンに成長させることに成功。その成長戦略を「業態・選定の仕方」「人材育成について」「社員・お客様への想い」というポイントからセミナーにて明らかにする予定である。

グローイングアカデミー福岡校は今回のセミナー開催の背景を「実は(株)ユウシン様は私共のグローイングアカデミー新宿校の第1号入会企業様でもあり、その成長の過程をつぶさに拝見させて頂きました。企業の成長に人材育成がいかに有効に機能するかを國松氏のお話から福岡の皆様にもお伝えしたいと考えておりますので、ぜひセミナーへのお申し込みをお願いします」と語っている。

当日は第1部で国松氏のセミナーを行い、第2部ではグローイングアカデミー福岡校の会員企業2社とのパネルディスカッションも予定されている。




わずか3年で一気に80店舗以上を出店!!
「東京チカラめし」を買収した会社の意外な出店戦略&成長戦略とは?

◆開催日
2015年 1月27日(火) 15:00~17:00、懇親会17:30~

【第1部】特別セミナー
わずか3年で一気に80店舗以上を出店!
「東京チカラめし」を買収した会社の意外な出店戦略、成長戦略とは?
講師: 株式会社ユウシン 取締役社長 CEO 國松 晃 氏
講師略歴:17歳の時に街でスカウトされ、雑誌やTVで活躍。25歳で芸能界と決別。カラオケ店でのバイト時代に、ユウシンのオーナーである川島賢氏に見出され
就職。入社後は、川島氏の薫風を受けつつ経営者としての実力を磨き、2011年5月、同社の社長に就任する。

【第2部】福岡校メンバーとパネルディスカッション!
福岡校の会員企業を代表して株式会社タケノの竹野孔様、福岡成蹊学園の岩本仁様にパネラーとしてご登壇いただき、國松様を交えて「外食ビジネスの今後」「成長戦略」「人材育成」についてディスカッションをしていただきます。会場の皆様からの質問もドシドシお願いします!

【第3部】懇親会
東京の外食トレンドや最近伸びている企業・業態などの情報交換や、第1部、第2部では話せなかった裏話も飛び交う懇親会です。國松様も当然参加されますので、是非是非皆様もご参加ください!第2部に引き続き、質問攻めにいたしましょう!

◆参加費
会員企業様:無料 非会員企業様:2,000円/1人

◆定員
50名

◆会場
場所:グローイング・アカデミー 福岡校
住所:福岡県福岡市中央区天神2-4-38 NTT-KFビル9F
※西鉄大牟田線 西鉄福岡「天神駅」 徒歩3分
福岡市営地下鉄空港線「天神駅」 徒歩5分

◆お問合せ先
グローイング・アカデミー福岡校
TEL:0120-992-787
(月~金 9:00~19:00)

 

グローイングセミナー

Title:【九州の食材】椎茸・平茸 福岡県朝倉郡東峰村(農)宝珠山きのこ生産組合 川村倫子~農業をする農学博士

 

サブ1

 

「実は実家がきのこの生産者だということは就農しようと考えた後に気がついたんですよ」
そう言いながら、コロコロと陽気な笑顔を見せるのは、(農)宝珠山きのこ生産組合の川村倫子さん。

川村さんは福岡県朝倉郡東峰村の宝珠山地区で40年前より椎茸栽培をおこなう農家に生まれ、高校卒業後は「薬用きのこの研究がしたい」と農学部への進学を選択。そのまま薬用きのこの栽培研究を大学で行い、大学院にまで進学し博士号を取得。
その経歴だけを聞くと最初から実家の椎茸栽培を引き継ぐために大学での研究を行ったのではないかと考えてしまうが、実際はそうではなかった。

もちろんきのこに興味を持った背景には実家の影響であったのは確かだろう。
だが、それ以上にきのこの世界は川村さんを虜にする魅力を持っていた。

大学院での研究を通じ、川村さんが感じたのはきのこの「狭くて深い世界」。
それは研究の過程で知り合った業者の人達が実家の椎茸栽培と直接の繋がりはないように見えて、実は間接的には様々な繋がりを持っていることが分かった時。
椎茸栽培という狭い世界でも、様々な地域の様々な人たちが直接的間接的に関わり合って成立していることが分かった時、川村さんはきのこ栽培の世界に奥深い魅力を感じたのだった。

さらに大学院での研究を通じて自分が研究者向きではないと自覚した川村さんは、その後の進路を考えた時「良い物を作り出してお客様を喜ばせたい」という想いからきのこの生産者になることを考え始める。そしてそう考え始めた後から、実は自分の実家がそのきのこ生産者であることに気がついたのだった。

ちょっとお間抜けな話にも聞こえるが、実は川村倫子という生産者の枠を越えた生産者が誕生した背景には、川村さんが持つ“今、自分が興味のあるものや楽しいと思うこと”を直感的に嗅ぎわける嗅覚があってのこと。
彼女は自分の進路をその嗅覚に従って選択し、その選択の上に実家が乗っかっていただけとも言える。

(農)宝珠山きのこ生産組合4代目の川村倫子さん。農学博士の称号を持つ「農業する農学博士」でもある。

(農)宝珠山きのこ生産組合4代目の川村倫子さん。農学博士の称号を持つ「農業する農学博士」でもある。



 

サブ2

 

 

川村さんのことを“生産者の枠を越えた生産者”と表現するには理由がある。
その1つが福岡県内外のきのこ好きの人達と積極的な交流を行い、2013年に熊本で開催された「きのこ文化祭」や阪神百貨店で開催された「ドキドキきのこフェスティバル」へ参加、さらには今年の11月24日に福岡市中央区の警固神社で開催された「フクオカきのこ大祭」の実行委員会の代表を務めるなど、きのこ生産者というだけではなく「福岡できのこが一番大好きな人といえば川村倫子」と言いたくなるような活動を展開していること。

そのことに話を向けると「もう、私の人生きのこまみれですよ」と川村さんはやはり楽しそうにコロコロと笑う。
「でも、私は楽しいからOKです。楽しい所に人は集まるんですね。そして、そこで生まれるきのこがつなぐ“縁”が私のモチベーションになっています」
そう川村さんは明るい表情で語ってくれた。

さらに川村さんは商品プランナーとしての側面も持っている。
元々は椎茸生産のみを行っていた(農)宝珠山きのこ生産組合だったが、産直の生椎茸を持って催事への出店をすると、確かにお客様からは好評を頂けるが売上そのものはそれほど伸びない事実に気がつく。

そこで3年前より「生椎茸だけではなくお客様にもっと選択の幅を提案したい」と加工品の商品化を手掛け、乾燥椎茸を使った佃煮「タレ漬け天竺」、「タレ漬け天竺」のタレから派生した万能タレ「きのこ屋のうまかっ!たれ」、塩麹ときのこを合わせた調味料「きのこうじ」、きのこと昆布の植物性の旨みに特化した麺つゆ「やっぱきのこだし」と、次々にきのこを使った加工商品を生み出していったのだ。

それらの商品は「他のところにはない」新しさとネーミングの楽しさから各方面で好評を獲得し催事への出店依頼が増加。
さらには宝珠山地区に生産所兼直売所を置くと共にWEBでの加工商品の直販も開始。
それらの活動を通じて生産・加工・販売を生産者が一括して行う農業の6次産業化のモデルケースとしても注目を集め、現在は講演の仕事も増えているという。

川村さんが生みだした加工商品【画像左】乾燥椎茸を使った佃煮「タレ漬け天竺」【画像右】塩麹ときのこを合わせた調味料「きのこうじ」

川村さんが生みだした加工商品【画像左】乾燥椎茸を使った佃煮「タレ漬け天竺」【画像右】塩麹ときのこを合わせた調味料「きのこうじ」



 

サブ3

 

 

多彩な活動を見せる川村さんだが、そのベースはやはり(農)宝珠山きのこ生産組合の作る美味しいきのこにあることは間違いない。

(農)宝珠山きのこ生産組合は川村さんで4代目になる代々のきのこ生産農家。
元々は原木椎茸の生産を行っていたが20年前に台風の被害で原木が全滅した年をきっかけに屋内で栽培する菌床栽培と呼ばれる栽培方法に切り替え、同時に春と秋のみであった椎茸の出荷を1年中行える体制を確立。

生椎茸というと原木椎茸をブランド品のように崇める風潮が今でもあるが、川村さんは「菌床栽培椎茸が原木椎茸より美味しくないということはありませんよ」と言う。
その中でも(農)宝珠山きのこ生産組合の椎茸は肉厚で軸のしっかりした椎茸を生産しており、その美味しさの理由を尋ねると「宝珠山の水と空気です」という力強い答えが川村さんから帰って来た。

水は宝珠山に湧き、日本名水100選にも選ばれた“岩屋湧水”。
その湧水を使い、さらに清冽な宝珠山の空気に触れることで健康的な椎茸が育成される。
さらに屋内で栽培する菌床栽培のメリットとして完全無農薬での栽培が可能で、安全で美味しい椎茸が生産されている。

現在(農)宝珠山きのこ生産組合の主力生産きのこは椎茸の他には平茸がある。
こちらも菌床に工夫を重ねることで椎茸同様に安全で健康的で美味しい平茸をお客様にお届けすることが出来ているのだ。

 

最後に川村さんに農家としてこれからの目標をお聞きすると次のような答えが返ってきた。
「催事やイベントのようにこちらから出向いて私共のきのこや商品を知って頂くだけではなく、工場見学や栽培体験をして頂くことで宝珠山へ足を運んでもらえるようにしていきたいと考えています。今、全国各地のきのこの名所を巡る“きのこツーリズム”という動きがあるんですよ。その動きに宝珠山も乗れるようにして行きたいと思っています」

その答えの中にはきのこに対する愛情と宝珠山に対する愛情が両方含まれている。

きのこを愛し、宝珠山を愛しながら生産者という枠を越えて活動する川村倫子さん。
これからの活躍に期待が集まる福岡の農家の1人だ。

(農)宝珠山きのこ生産組合が栽培する椎茸と平茸。菌症栽培により安全で健康的、なおかつ宝珠山の水と空気で育まれる美味しさがウリ。

(農)宝珠山きのこ生産組合が栽培する椎茸と平茸。菌床栽培により安全で健康的、なおかつ宝珠山の水と空気で育まれる美味しさがウリ。



 

店舗データ

店名 (農)宝珠山きのこ生産組合 代表 川村卓三
住所 福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓334-1
アクセス 大分自動車道杷木ICを下車。県道52号線を北に向かい、国道211号線に合流したところで南に下り約5分。
電話 担当者不在の場合が多いのでご連絡はHPに記載しているFAXもしくはメールからお願いいたします
営業時間 事務所 9:00~16:00

;