九州・山口の飲食店、レストランの新しい潮流を発信するビジネスサイト「フードスタジアム九州」

foosta
フードスタジアムのプロフィールです フードスタジアムのプロフィールです フードスタジアムのプロフィールです

Title:話題のローカルブランド「九州パンケーキ」の生みの親、村岡浩司氏へ独占ロングインタビュー!九州に熱狂する男は、地域の未来に何を見るのか

九州は宮崎県出身の48歳。宮崎ならずとも、九州でソーシャルビジネスに関わる人に村岡氏を知らない人はいないだろう。これまでの詳細なキャリアは同氏の著書「九州バカ」で語られているのでここでは割愛するが、家業は宮崎の「寿司処 一平」。酢飯にマヨネーズと醤油を合わせてレタスと一緒に巻いた「レタス巻き」発祥の寿司店として、地元では知らない人はいない。「血は争えない」と思うほどに、村岡氏には飲食ビジネスに関わるに当然の根拠が備わっているのである。
とはいえ、これまでフードスタジアムが追いかけてきたいわゆる“飲食店オーナー”とは少し異なるアプローチでビジネスを行っている。村岡氏が取り組むのは「地域創生」。九州という地域をどう捉え、どのように未来を描くか−−。これが事業の中心となり、ビジョンや行動の核となっているのだ。飲食店はあくまでそれを叶えるための一つの手段であり、店舗出店や運営だけで事業を回しているのではない。

つい先日、グループとしての組織体制を再構築し、現在は一平ホールディングスの代表として3事業を統括する存在となった。事業の1つ目は「九州パンケーキ」に代表されるリージョナルプロダクト事業、2つ目は「寿司処 一平」や「九州パンケーキカフェ」などのレストラン事業、3つ目は九州全域でのコワーキングスペースの運営やクリエイターのネットワークをつくるコミュニティ事業だ。すべては「世界があこがれる九州をつくる」という理念の実現を目指した事業。「九州以外は興味がないんです」と断言するほどに、多角的なアプローチで九州を盛り上げることに全力を注いでいる。

わが町商品では世界と戦えない。リージョンで仕掛ける理由
なぜ県単位ではなく“九州”という地方=リージョン単位にこだわるのか?
「宮崎パンケーキ」ではなく「九州パンケーキ」とした理由をもう少し踏み込んで尋ねた。すると、「宮崎◯◯じゃ、世界には伝わらないですよね」と村岡氏。全国の都道府県はじめ千数百という自治体がこぞって、わが町自慢のように商品を作っては東京に売り込む。「ローカルブランドにとっての東京は一番競争の激しいレッドオーシャンな場所です」と続けた。九州では唯一、福岡ブランドが勝ち組と言えるが、これはシンプルに九州の玄関口となっているからと分析する。「インバウンドなら約7割、国内でも約5割の旅行者が九州を訪れるとき、福岡を訪問もしくは経由するんです。これなら物は売れるし、認知もされます」と解く。ご当地産品が飽和状態でひしめき合う東京と、人口減で市場縮小に苦しむ“わが町”だけで物を売っていても思うように結果が得られないのも無理がないのだ。「だから僕たちは最初から九州全域を巻き込んだブランドを作ろうとしていたし、最初からアジアを狙っていました」と、話す。
データ分析に基づいた九州の勝算
単に括る範囲を広げただけで、本当に世界と勝負できるのだろうか?と疑問に思う人もいるかもしれない。しかし、村岡氏が九州というステージで抱く大きな夢は、だだ漏れる九州愛だけで形成されているわけではなかった。様々なデータからも、九州が今後世界で勝負するに十分な存在であることを細かく分析している。

ご存知、九州は全部で7県から成り立っている。地域人口は約1300万人。これは東京都の人口を大きく超える。内需を見ても中小企業にとっては九州内に十分な内需があるといえる。また一方で、福岡県を中心に半径2時間で飛行機移動できる範囲を一つの“圏”と捉えた場合、「世界最大の経済圏です」と村岡氏は胸を張る。確かに、アジアへの移動は東京よりも有利。内需と外需が両取りできる九州リージョンは、大きなポテンシャルがあると言えるのだ。

さらに、九州リージョン戦略を立てる上で着眼すべき4つのファクトがあると話してくれた。1つ目は「農業の産業規模」。九州農政局が昨年末に発表したデータによると平成29年の九州農業生産額は1兆8356億円。7年連続で増加し、日本の農業生産額の約20%を占める大農業産地である。そして2つ目は「農業の多様性」。地理・気候条件に恵まれた九州での生産は多品目に渡り、村岡氏は“品種の多様性においてアジアNo.1”ではと自信を持つ。続いて3つ目は「農業からサービス業まで含めた、食産業への従事率が高いということ」。しかしながら、最後の4つ目のファクトとしては「とても気になる要素」として、域内での食産業が稼ぎ出す力が相対的に弱いと指摘する。農業規模や食分野で働く人数と比較すると、域内総生産(GRP)における比率が10%程度と低い。

この4点からいえることは、2つ。1つは、農業も含めた九州の食産業は、その規模に相反して相対的に“稼げない非効率な産業”になっているということ。儲かっていないのであれば今後衰退していくだろうという懸念。もう1つは、この現実を逆手に取り、イノベーションを起こして現状を好転させるという展望。未来がこの二択なのであれば、村岡氏は当然後者を選択する。先に述べた九州ポテンシャルの活かし方が今、改めて問われている。
九州リージョン構想、九州アイランドブランドの確立
九州リージョン戦略の施策の一つとして、「KYUSHU ISLAND®︎―九州アイランド」というIP(商標)ブランド戦略をスタートするという。これは、九州生まれの優れたプロダクトに与えられる“称号”のようなものだ。「例えばハワイに旅行に行くとき、アメリカに旅行に行くっていいますか?」と聞かれた。「いいえ」と答えると「絶対に“ハワイに行く”って言いますよね。九州もそういう位置づけにしたいんです。日本ではなく、九州に行くって言ってもらえるように」と続けた。

具体的には、九州全域のアライアンスを組んだ食品加工会社と共に、新しい九州地域商社を旗揚げするというもの。現状では海外産の原料を使って、安価な下請けをしている食品工場の技術を新たな視点で検証し、九州独自のユニークな地産プロダクトを、九州の農産物を使って製造する。そして、村岡氏率いるチーム及び外部有識者などにより構成された選考委員会によって一定の審査基準をクリアしてブランド認定されると、「KYUSHU ISLAND Family®︎」というオリジナルマークを無償で使用することが許される。これにより、消費者にとってもコンセプトが極めて明快で、安心・安全・高品質な九州商品を手に取っていただけるきっかけを作ることが狙いだ。
「一生懸命作っても、流通の価格圧力で製造者に利益が残らない世界はハッピーじゃない。九州に良い商品が生まれたなら、仲間みんなで支えあって、それを応援するという文化を作りたい。なんでも東京を目指すのではなくて、九州で生まれた商品は、まずはきちんと九州の消費者に伝える努力をする。地元に愛される商品でなければ、長生きしないと思うからです」と話し、九州アイランドブランド立ち上げの背景について説明してくれた。また、独自の展示会やアワード開催も視野に入れている。九州発の優良商品を表彰し、対外的にアピールする場作りにも今後力を入れていく。

村岡氏自身もまた、九州アイランドブランドの第1弾となる商品開発に取り組んでいる。南島原に400年間続く手延べそうめんのまちで120年間操業する老舗工場の職人技術を活かして、九州素材100%の雑穀パスタを商品化する計画だ。(3月25日よりクラウドファンディングで先行受注がスタート。詳細はこちら)「九州各地に伝わる伝統のものづくりの技術が少しずつ衰退していくのを黙って見ていられない。素晴らしい技術と素材を掛け合わせ、新たな切り口で、新たなチームと共に、新たなマーケット開拓を目指す。加工食品業界におけるイノベーションだと思っています。」4月以降に、レストランシェフや専門家に試してもらいながら、複数種類を少しずつ封切りしていくということ。それ以外にも、今年は発表を控える商品が幾つかあり、これまで温めてきた企画や商品が、今年一気に日の目を浴びることになりそうだ。
食に留まらない、無限に広がる九州アイランドブランド
「実は、KYUSHU ISLAND®︎は様々な領域で商標をとっているんです」と言う村岡氏。九州アイランドブランドは食領域だけでなく、近い将来、ホテルチェーンなどとコラボした観光産業領域や、農業原料の自然派化粧品などのコスメティック領域、豊富な食材を使ったサプリメントなどの健康食品など他分野でも開発に着手する計画で、その可能性もどんどん広げていきたいようだ。その根っこには全てに九州の農業や風土があって、文字通り総合九州商社として「世界があこがれる、九州をつくる。」という企業理念を実現しようとしている。
これまで何年も時間をかけて研究し、仲間と構想を描きながら綿密な計画を立てて地道に準備してきた。長い助走期間を経て、ようやく走り出す時がきた。もう、すべてが整いつつある。2019年、九州の新しい時代が始まろうとしている。
【村岡浩司(むらおか こうじ)氏】
株式会社一平ホールディングス代表取締役社長
MUKASA-HUB代表
1970年 宮崎県生まれ。88年宮崎県立大宮高等学校卒業後、渡米。コロラド・メサ大学に入学。途中退学し、輸入衣料や雑貨を取り扱う会社を設立。
1998年 家業である寿司店を継いで寿司職人に。2002年には、九州1号店となる「タリーズコーヒー」のフランチャイズに加盟し、現在では「食」ビジネス全般を手がける事業家として多数の飲食店舗を経営する一方、九州各地のまちづくり支援や、食を通じたコミュニティ活動にも取り組んでいる。
2012年に発売した「九州パンケーキ」は『第1回地場もん国民大賞』金賞のほか、『フードアクションニッポンアワード2014』商品部門入賞、『料理マスターズブランド』認定など数々のコンテストにおいて注目を浴びる。第1回『九州未来アワード』海外事業部門大賞受賞。
カンブリア宮殿、日経スペシャル 夢織人、日経プラス10、他メディア出演多数。

(取材=小野 茜)

Title:多国籍な老若男女が集う「おしゃれなアフリカ」 !福岡・大名でアフリカの食文化を発信する「Blue Banana Dining Bar」に注目

九州最大の繁華街・天神の西側に位置する大名地区に店を構えるBlue Banana Dining Bar。ブランドショップやレコード店、ホテルやバーが並ぶ人通りの多い道に面している
左右の壁を塗り分けたカラフルな店内。アフリカのインテリアが上品に飾られている
自家製チャーシューと野菜がふんだんにトッピングされた「アフリカンラーメン」。香辛料が効いたスープとラーメンの絶妙な組み合わせにリピーターも多い
東アフリカ・ウガンダの屋台料理「ロレックス」の名前の由来は「ロールエッグス=巻いた卵」。ウガンダではロレックスフェスティバル」が開かれるほどの名物料理だ
オーナーのティム・キビラ氏

福岡・大名地区に、ひと際人目を引く店名のアフリカ料理店「Blue Banana Dining Bar (ブルーバナナダイニングバー)」がある。アフリカ(アフロ)と日本の食の融合「アフロジャパニーズ」をテーマに、日本料理店で修行を積んだ日本人シェフがアフリカ由来のスパイスや食材を巧みにアレンジ。2017年3月のオープン以来、オーナーのティム・キビラ氏の天下一品級のフレンドリーさと話術も相まって、10代の学生から年配客まで国籍を問わず幅広い人々が常連として定着してきた。

おしゃれなアフリカ

白と青緑の2色に塗り分けられた左右の壁、所々に上品に飾られたアフリカのインテリアや絵画。店内に足を踏み入れる女性客の多くは、思わず立ち止まって「おしゃれ」とつぶやく。アフリカ製の食器やバスケットに盛られた彩り豊かな料理が運ばれてくると、もちろんスマホでパシャリ。「流れている音楽がかっこいい。曲名を教えて」と尋ねる人も少なくない。東アフリカ・ウガンダ出身のキビラ氏は「おしゃれで美味しいレストランはアフリカ各地にある。『エスニック』や『ジャングル』といったイメージで一括りにできないアフリカを感じてほしい」と話す。
2010年以来 、移転しながら計3カ所でアフリカルーツの音楽を流すバーを経営してきた。その間、温めてきた音楽やイベント、食に関するアイディアを形にする空間として、これまでのほぼ倍の広さのある現在の店舗に決めたという。居抜き物件だったが内装を一新。一度職人が塗り終えた壁の色も、イメージとずれていたため塗り直すなど、雰囲気作りには徹底的にこだわった。人通りの多い大名エリアを選んだのには集客はもちろん、「おしゃれなアフリカ」が道ゆく人々の目に留まることを願ってのことだ。

「Edutainment(エデュテイメント)」の空間

福岡県内で13年間英会話学校を経営していたキビラ氏にとって、今も「教育」は変わらず大切なテーマだ。「美味しい料理を出すのは当然のこと。その上で、食べた物やスタッフとのやりとり、隣の席の人との会話や音楽を通して学び、『貴重な経験をした』と思ってもらえる店でありたい」と話す。

その思いから、様々なイベントを主催したり、店舗を会場として提供したりしている。テーマはアフリカンファッションショーやアフリカ音楽などに限らず、ハワイ出身のイラストレーターによる作品展、イラン音楽のランチコンサート、日本人には馴染みの薄いヤギ肉料理のパーティーなど多様。キビラ氏は「楽しみながら世界への視野を広げてほしい。ただのEntertainment (エンターテイメント) ではなく、Education(教育)も掛け合わせたEdutainment (エデュテイメント)の空間です」と話す。

来店客も故郷の味を求めて県内外から訪れるアフリカ系在日外国人、「アフロジャパニーズ」というコンセプトへの興味から立ち寄る欧米人なども多く、店内には日常的に様々な言語が飛び交う。国籍を問わず客同士の会話が弾むように、全50席の半分は移動しやすい立ち飲み向きだ。

店名にある「Blue Banana =青バナナ」もEdutainmentの仕掛けの一つ。初めて来店するほぼ全ての人が尋ねる店名の由来は、ウガンダの主食だという青バナナ。現地では熟す前の緑色の状態で食べる調理用の品種があり、「日本人に写真を見せると『あ、青いバナナね』と言われるので店名にしました」とキビラ氏。9年前にバーを開いて以来、 何千人の人々と店名をきっかけに世界の食や文化について語り合ってきたのだろうか。

ポテンシャルを信じて

西アフリカのトマトや魚介のスープをベースにした「アフリカンラーメン」(1000円)はこれ目当てで訪れる人も多い名物メニュー。福岡のカレーの名店が集うイベントの中でも特に高評価を得たという「ウガンダカレー」(1000円)は青バナナやココナッツミルクを煮込んだ一品。卵と野菜、ハーブチキンをトルティーヤで巻いたウガンダの屋台料理「ロレックス」(1000円)も人気だ。北アフリカの主食クスクスのサラダ仕立て(900円)や、熱帯地域の芋キャッサバのフライ(700円)など旅好きが気になる品々も並ぶ。

「日本人には珍しいからと馴染みのある味にアレンジし過ぎるようなことはしない。良い物をそのままおいしく、おしゃれに味わってほしい」とキビラ氏。「10年近く前から一緒に仕事をしたいとアプローチしていた日本人のシェフも、そのポテンシャルを信じてついて来てくれている」と力を込める。

業態、場所は幅広く

日本在住23年の経験から「アフリカの文化は食だけでなく、音楽や芸術も日本人の心を掴む物が数多くある」と語るキビラ氏は現在、ウガンダ産のジンの輸入準備を進めている他、アーティストの招聘も計画中だ。店舗展開の場所も福岡に限らず、業態もクラブ、アートギャラリー、コーヒーショップなど様々な形でアフリカを発信していきたいという。 キビラ氏から溢れ出るビジョンに期待が膨らむ。

店舗データ

店名 Blue Banana Dining Bar (ブルーバナナダイニングバー)
住所 福岡県福岡市中央区大名1-14-15 プリオ大名2F
アクセス 西鉄福岡・天神駅から徒歩6分
電話 092-707-0713
営業時間 【火〜日】18:00〜3:00
定休日 月曜
坪数客数 22坪50席
客単価 3500円

 >> 大きな地図を見る

Title:国内3店舗目となる「一風堂スタンド」が福岡・天神西通りに2/22オープン!

ラーメン店「一風堂」を運営する力の源カンパニー(代表取締役社長:清宮 俊之 住所:福岡市)は2月22日、アルコールやおつまみなどを提供し、立ち呑みもできる「一風堂スタンド」を、福岡・天神西通りにオープンした。海外のウェイティングバーと、日本の角打ちから着想した立ち呑み業態「一風堂スタンド」は、浜松町、五反田に続き国内3店舗目となる。

店舗設備と内装の老朽化のため閉店した一風堂西通り店を改装。1階は15時から立ち呑みスタイルに変わる「一風堂スタンド」、2階は着席型の「一風堂」で、用途や気分に応じて2つの異なるスタイルを楽しめる。

アルコール類は、スタンダード(380円)・スペシャル(500円)・プレミアム(780円)と3種類の価格帯で提供する日本酒や、福岡の地ビール「ブルーマスター」(500円)、超爽快西通りハイボール(450円)、九州果汁サワー(450円)など本拠地福岡を意識したラインナップを揃える。
おつまみは180円~580円の価格帯で、一風堂のとんこつ出汁を使用した鶏から揚げ(380円)、ハムカツ(380円)、オニオンリングタワー(580円)など常時16品を用意する。
ラーメンは、屋台修行時代の味を再現したシンプルな豚骨ラーメン「一風堂 零(zero)」(650円)、「低糖質 博多中華そば」(650円)をラインナップ。

一風堂は、米ニューヨークはじめ海外で、食事の前に軽くアルコールを飲むための「ウェーティングバー」を併設した店を多く展開している。”逆輸入”となった「一風堂スタンド」を今後積極的に出店していくという。

■店名:一風堂 天神西通りスタンド / 一風堂 西通り店
■電話番号:092-707-3202
■住所:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-12-61
■アクセス:西鉄天神大牟田線「福岡天神」駅より徒歩5分
■営業時間:月~木・日祝 11:00~翌2:00(L.O.翌1:30)
金・土・祝前日 11:00~翌3:00(L.O.翌2:30)
■定休日:年末年始
■席数:店内36席、テラス10席
■駐車場:なし
■HP:一風堂公式HP

Title:福岡初! もつ鍋とうどん居酒屋の人気業態をミックスした「稲穂と一慶」

<外観>九州一の繁華街・中洲エリアの徒歩圏内。博多区の冷泉公園に面する
<内観>おすすめの一品料理。牛スジ串(150円)、牛テール赤身串(200円)、牛アキレス串(200円)
<もつ鍋>数種のホルモンをミックスした「博多生もつ鍋」(1080円)。もつを炭火で炙る「炙りもつ鍋」(1180円)もある
<やさい肉巻き>白ネギ肉巻き(1/2本380円、1本680円)
調理前の白ネギ肉巻き
医院と住居として使われていた古民家を改装。来年には、2階に個室が完成する予定
博多うどん「ごぼう天」(510円)。ゆで時間が10分以内の「唄う稲穂」に対して、「稲穂と一慶」では30分ゆでる
中尾氏
12月上旬に完成した2階のテーブル席

11月24日、博多区上川端町にもつ鍋とうどん居酒屋の複合業態「稲穂と一慶」がオープンした。運営会社は、もつ鍋店やうどん居酒屋、和食店など、異なる業態の飲食店を全国で17店舗展開している、株式会社なか尾(福岡市中央区、代表取締役中尾慎一郎)。代表の中尾さんは福岡を代表する飲食の名プロデューサーだ。

「稲穂と一慶」では、株式会社なか尾が運営する「唄う稲穂」と「もつ鍋一慶」の人気メニューを厳選してラインナップ。「夏に売上が伸び悩む『一慶』と、冬に弱い『稲穂』。宴会に強い『一慶』、チョイ飲み需要をカバーする『稲穂』。各店の特色をかけ合わせ、弱点をカバーしたのが『稲穂と一慶』です」と中尾氏。人気店の「いいとこ取り」で既存店の課題を解決する、一石二鳥の新業態だ。

中尾氏は、レストランや中華料理店、和食店、寿司屋、ディスコクラブなど実にさまざまな店舗で飲食経験を積み、24歳で独立。1989年のことだった。福岡市のなかでも特に若者が多い大名エリアでオープンした18坪の「グリルドしんちゃん」は、当時月商1300万円を売り上げ、福岡の飲食業界で話題となった。

その後、もつ鍋、うどん居酒屋、炉端などの飲食トレンドをいち早くキャッチし、福岡で店舗展開してきた。老舗うどん店の味を伝える「唄う稲穂」が福岡市薬院にオープンしたのは2014年。500円以下の手軽な居酒屋メニューを豊富にそろえ、ワインは常時100種以上をそろえる同店は、豊富なフード・ドリンクメニューの〆としてうどんを提供する「うどん居酒屋」業態の先駆けだった。その翌年、同ビル2階に炭火焼きとワインをテーマにした「炉端・デ・ニーロ」をオープン。2016年4月には「唄わん稲穂」を、続いて9月にはビルトインの屋台型店舗「博多めでたい屋」を開店した。

独立してからこれまでに手掛けた店舗数は合計34店舗。各店のブランド力を強めながら成功を続けてきたカギは、立地戦略によるところも大きいと言う。

「飲食に適したいいエリアでは、まずは土地ごとおさえて、次に業態を考える。『稲穂と一慶』の場合は、山笠文化を尊重する博多っ子が多い商圏。歯ごたえのある讃岐系のうどんは絶対に受け入れられないとわかっていました。そこで、主力となるうどんを地元客が好む柔らかい麺に変え、『やわい 唄う稲穂』として打ち出すことにしました

博多うどんは「かけ」で400円。ほか、もつ鍋は「生もつ鍋」(1080円~)と「炙りもつ鍋」(1180円~)の2種、それぞれ醬油、味噌、重ね味を用意する。牛串(150円~)や野菜丸ごとを肉で巻いたフォトジェニックな「肉巻きやさい」(380円~)などほとんどの一品料理は500円以下でラインナップし、小ポーションでお酒と楽しめる「唄う稲穂」の設計をブラッシュアップした。

カウンター席を含む1階、テーブル席のみの2階の2フロアで利用目的による客席の住み分けも実現している。2階に施工中の個室が完成したら、すでにある2階席と渡り廊下でつなぐ予定だ。平日はサラリーマンが多く、週末は観光客やインバウンド消費も大いに見込める博多区の一角。16時から翌2時までの営業で、2.5回転を見込む。

店舗データ

店名 稲穂と一慶
住所 福岡市博多区上川端14-6
アクセス 中洲川端駅から204m
電話 092-710-5535
営業時間 16:00~翌2:00
定休日 不定
坪数客数 1階23坪・40席、2階12坪25席(増床予定)
客単価 2300~3800円

 >> 大きな地図を見る

Title:11/11 水炊き博多華味鳥を運営するトリゼンフーズが新業態『kadono-no-Casshiwa(カドノカシーワ)』を西中洲にオープン

養鶏、鶏肉加工から飲食店運営まで行うトリゼンフーズ株式会社(福岡市博多区 河津 善博代表)の新業態『Kado-no-Casshiwa(カドノカシーワ)』が、11/11西中洲にオープンした。

同社のブランド鶏”華味鳥”を使用した2つめの洋業態となる本業態は、「泡酒」をテーマに、スパークリング・発泡日本酒をはじめ、ハイボール、スパークリングカクテルといった泡のドリンクを豊富にラインナップ。
季節野菜の創作おでんや、華味鳥を使用した鳥料理など、「泡酒」とのマリアージュを提案する。

■店名: Kado-no-Casshiwa(カドノカシーワ)
■住所: 福岡市中央区西中洲11-9 小嶋ビル1F
■アクセル: 地下鉄空港線(1号線) 天神駅 徒歩7分
■電話番号: 050-5320-0967
■営業時間: Lunch 月~日 11:30~14:00(LO13:30)/ Dinner 月~木 17:00~1:00、金 17:00~2:00、土 14:00~2:00、日 14:00~24:00
■席数: 40席
■関連リンク: 公式サイトFBページ

1 / 1312345...10...最後 »

;