九州・山口の飲食店、レストランの新しい潮流を発信するビジネスサイト「フードスタジアム九州」

ニュースフラッシュ一覧

  • 博多駅前に九州・福岡にこだわった「九州恵みのこづち」オープン!

    九州や福岡らしさにこだわったレストラン「九州恵みのこづち」がヴィアイン博多口駅前1階に6月5日、オープンした。運営はジェイアールサービスネット福岡(福岡市、代表取締役社長:田村紀人)。午前7時からの朝食ブッフェなどが楽しめる。◾️住所:博多区博多駅前2丁目17番11号ヴィアイン博多口駅前1階◾️詳しくはこちら

  • ピエトロがイタリアのパスタ麺販売へ

    ピエトロ(福岡市、代表取締役社長:高橋泰行)は10月1日にイタリアのプレミアムパスタブランド「アネージ」(AGNESI)の販売代理店契約をコルッシ社(イタリア・ミラノ、代表者:アンジェロ・コルッシ)と締結し、国内のパスタ麺市場に本格参入すると発表した。◾️詳しくはこちら

  • 春吉橋周辺で9日からはしご飲みイベント開催

    福岡市博多区の春吉橋周辺エリアの飲食店をはしごするイベント「はるよし橋からはしご飲み」が9日〜19日(14、15日は除く)に開催される。月刊フリーペーパー「ナッセ」を発行するサンマーク(福岡市、代表取締役社長:阿多浩一)の主催。春吉橋から徒歩5分圏内の飲食店約20店舗が参加し、はしご飲みパスポート(1枚300円)を購入すると、参加店で対象の料理を特別価格で味わえる。◾️詳しくはこちら

  • 宮崎と大分に2軒のジビエ認証施設が誕生

    農林水産省は宮崎県西米良村と大分県国東市の食肉処理施設を国産ジビエ認証施設として認証した。5月30日付けで認証されたのは、国内4軒目の「西米良村ジビエ処理加工施設」と同5軒目となる「TAG-KNIGHT(タグナイト)」。衛生管理基準や流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保などの要件を適切に満たすと判断された。◾️詳しくはこちら

  • 台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」が大分オーパに九州第一号店



    台湾スイーツカフェなどの飲食店を展開するグレイス(大阪市北区、代表取締役:管卓明)が作りたて生タピオカを提供する台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」の九州第一号店を6月1日にグランドオープンする大分市中央町の大分オーパに出店する。◾️住所:大分市中央町1-2-17◾️詳しくはこちら

  • 「福岡なだ万」が31日で閉店

    老舗料亭「福岡なだ万」(東京、代表取締役社長:野原優)は福岡市のグランドハイアット福岡5階で1996年から営業していた「福岡なだ万」を5月31日に閉店すると発表した。同社は7月上旬に福岡市博多区中州で「なだ万蒼宮(なだまん そうきゅう)」として新店舗を開業する予定。■なだ万蒼宮:福岡市博多区中洲2-3-8 G-CUBE NAKASU 9、10階 ■詳しくはこちら

  • スパークリングフェスタが福岡市・天神で26日まで開催中

    スパークリングワインの祭典「Festa di Spumante FUKUOKA」が26日まで、福岡市・天神の市役所西側ふれあい広場で開かれている。第5回目を迎える今回は世界10ヶ国45種類のスパークリングワインが楽しめる。料金はオリジナルグラスとドリンク券10枚セットで2900円。◾️詳しくはこちら

  • モスバーガーが志布志市産茶葉で抹茶シェイク発売へ

    モスバーガーを展開するモスフードサービス(東京都、代表取締役社長:中村栄輔)は5月23日、全国の店舗(一部除く)で鹿児島県志布志市産の茶葉を使った「まぜるシェイク ほろにが抹茶 志布志市産茶葉使用」を定番商品として発売する。茶葉は、鹿児島県志布志市にある「モスの指定農園」で栽培され、地元の茶葉問屋である堀口園を通じて調達する。◾️詳しくはこちら

  • 仏壇のはせがわがカフェ・雑貨店来月オープンへ

    仏壇仏具を販売する「はせがわ」(福岡市、代表取締役社長:江崎徹)は5月14日、「食」をテーマとした新たな事業の一環として、新会社「田ノ実(たのみ)」(東京都、代表取締役社長:齊藤徳雄)を設立した。「手を合わせる心豊かな日本の生活文化」をテーマに、飲食サービス、加工食品販売、雑貨販売などを行う。第1号の基幹店として、「自由が丘店」を6月14日にオープンする。同店は1階を「食品・生活雑貨」、2階を「ランチ&カフェ」、3階を「イベント&ワークショップスペース」とする。◾️詳しくはこちら

  • プレナスがテイクアウトサービス開始へ

    定食レストラン「やよい軒」などを展開するプレナス(福岡市、代表取締役社長:塩井辰男)が「やよい軒 茅場町店」で5月17日よりテイクアウトサービスを開始すると発表した。同社が展開する弁当店「ほっともっと」のノウハウを生かす。同社は「都心や人口密集エリアへの積極的な出店が可能となる」としている。店内はイートインとテイクアウトを分けて営業する。10月の消費税増税(10%)後は、持ち帰り弁当などに軽減税率(8%え据え置き)が適用される。◾️住所:東京都中央区日本橋茅場町1-7-1 日本橋弥生ビルディング1階 ◾️詳しくはこちら

  • 大名バル横丁説明会(5月14日)の参加者募集!

    福岡市中央区大名の新築ビルで計画されている「大名バル横丁」。出店希望者を対象に5月14日に「大名バル横丁説明会」が開催されます。お時間が合いましたら、ぜひご参加ください。◾️説明会会場:福岡市中央区天神1丁目10−13、TKP天神カンファレンスセンター6階 Room G (福岡市地下鉄空港線天神駅15番出口から徒歩2分)◾️スケジュール:14:00受付開始、14:30〜16:30説明会。終了後、自由参加で懇親会もあります。◾️問い合わせ:株式会社インプライズ(03-5937-2920)

  • ピエトロがスープ事業を本格展開

    ドレッシングなどの製造・販売やレストラン経営のピエトロ(福岡市、代表取締役社長:高橋泰行)は、東京・有楽町に「PIETRO A DAY有楽町店」をオープンした。同社は今年2月にダイレクトマーケティング事業部を発足。新ブランド「PIETRO A DAY(ピエトロ ア デイ)」を立ち上げ、スープをメインに販売する同店を4月25日に開店した。ドレッシング、パスタに続く「ピエトロの第3の柱」としてスープ事業に取り組む。同社は「少子高齢化や女性の社会進出により、スープ市場はここ数年継続して拡大しており、需要が増加している」としている。◾️住所:東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館2階 ◾️詳しくはこちら

  • JR博多シティ「くうてん」が大型リニューアルオープン!

    JR博多シティ 9・10Fのレストランゾーン「シティダイニングくうてん」が大型リニューアルを実施し、4月25日に第一弾の一部がオープンした。九州初上陸の「鉄板焼 天 博多」やベーカリーダイニング「メゾンカイザーテーブル」など8店舗。第二弾として、夏から秋にかけても九州初上陸や新業態の4店舗がオープン予定。大型リニューアルは開業9年目で初めて。◾️詳しくはこちら

  • イオンショッパーズ福岡店が新装開店

    福岡市・天神の「イオンショッパーズ福岡店」の商業スペースが改装され、4月25日に開業した。改装されたのは地下1階から地上4階で、1階にはフレッシュジュースで人気の「くだものかふぇ」や「のむヨーグルト 伊都物語」を使った商品を提供する「THE JUICE SHOP」などが初登場。再開発で閉館した福岡ビルの「TSUTAYA 天神駅前福岡ビル店」も「TSUTAYA 天神ショッパーズ福岡」として2階にリニューアルオープンした。■詳しくはこちら

  • 肉汁餃子製作所ダンダダン酒場が九州初上陸、今泉店をオープン!

    東京を中心に約70店舗の「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」を展開するNATTY SWANKY(東京都、代表取締役社長:井石裕二)は4月25日に九州初となる店舗を福岡市中央区の今泉をオープンする。◾️住所:福岡県福岡市中央区今泉1-9-19(今泉公園前)◾️NATTY SWANKYの企業ページはこちら


;